作者別: johnnys

本日は睡眠の大切さについて~記憶力低下によいサプリ

皆さんお元気でしたか?すっかりごぶさたしてしまいましたが、店長の南波です。
新店舗のオープニング準備で、すっかりご無沙汰していました。申し訳ありません。
さて、今回は睡眠の大切さについてお話したいと思います。
受験シーズンも終わりに近づいてきましたが、試験勉強なんかで、前日は寝ないで頑張るという人も多くいるのではないでしょうか?
だめですよ、きちんと睡眠はとってください!
眠らないと記憶力の低下を招いてしまいます!
6~7時間睡眠をとるのは、よい成績をとる上で最も効率的なんです。
私も学生時分はよく貫徹して勉強して試験に臨んだりしていましたが、今になって考えればどれほど無駄なことをしていたんだと後悔しきりです。
閑話休題、ここからは人間の記憶についてお話しましょう。
人間の記憶は、短期記憶と長期記憶にの2つにわけられています。
短期記憶とは、人が見たり聞いたりしたことを一時的に脳に保管しておく記憶のことをさしています。
時間に換算すると、数十秒から数カ月と大きく差が出るんですが、(条件や個人差によって異なります)、
基本的に短期記憶と呼ばれている一時的な保存されたものは、わりと簡単に忘れるような仕組みになっています。
長期記憶とは、短期記憶とはまったく異なり、短期記憶を何度も何度も繰り返すことによって脳に刷り込まれていき、
その結果、長期間記憶されていくもののことを言います。
けれども、その記憶もずっと保持されるかというと、そうはいかず、
何もせずに放っておくと、記憶力が低下し次第に忘れていくという仕組みです。
ここで話は戻りますが、学習した内容を記憶するには、
短期記憶として覚えた知識を、長期記憶に変えていく、ということになります。
では、どうすれば短期記憶は長期記憶になるのかが気になるところですよね。
それが、先ほど申し上げた睡眠時間がカギになるのです。
適度な睡眠をとること、のひとつにつきます。
人間は眠っている間に脳内の記憶を整理して、あれは要らないこれは重要と取捨選択しているという仮説があります。
そこで必要だ、と認識されたものが長期記憶に昇華していくのだ、と考えられています。
夢を見るのはその作業の処理中に日中起こったことをあれこれと断片的に思い返している作業なのかもしれません。
これを勉強という側面からみていくと、学習した内容を脳に刷り込ませるには、充分な睡眠時間が必要ということになります。
寝不足な状態では、脳内で記憶の整理を行う時間がとれないため、いつまでたっても長期記憶になりません。
しかも、脳内で短期記憶がいっぱいになってしまうと、新たにインプットされた学習内容も頭に入らず、
ただ単に右から左へダダ漏れになってしまいます!これでは学習した意味も時間もまったくのムダですね、
学習効果を発揮するには十分な睡眠が大切、となりますが、
そんなに時間をとれないことが多々あるかとおもいます。
あなたもそれで睡眠負債を抱えているんではないですか?
そこで、店長の私南波が記憶力の低下におすすめのサプリならコレ!というものを調べてまいりましたのでご紹介します。
ネットで調べたところ、こんな結果が出てきました。リンク貼っておきますのでよろしかったらクリックしてみてください。

記憶力低下におすすめのサプリならコレ

サプリメントを購入したい、という方は南波までお声かけしていただいても構いませんので。
弊社でも記憶力低下によいサプリメントはいろいろ取り揃えて御座います。
勉強したらきちんと睡眠をとってください!これこそが学習力アップのコツですよ